Field Cast活動記録 (3)共通研修

f:id:fujitetsu-0822:20210917110007j:plain

東京駅丸の内口に設置されたカウントダウンボード 撮影日:2020年3月13日
※延期前の開会式(2020年7月24日)までのカウントダウン

東京オリンピックパラリンピックの開催まで1年(当時)を切った2019年10月より、Field Castの共通研修が実施されました。共通研修の概要と、オンライン研修の様子についてご紹介します。

概要

共通研修は、Field Castに必要な基礎知識を習得することを目的としています。集合研修またはオンライン研修とE-learning、HANDBOOKにて構成されました。
なおプログラムの作成やHANDBOOKの印刷、E-learningの開設は、組織委員会日本財団が締結した協定に基づいて2017年9月に設立された、日本財団ボランティアサポートセンターが担当しました。

集合研修

実施日程
  • 東京都:週5日程度
    国立オリンピック記念青少年センター:2019年10月4日~2020年2月
    ※2月22日以降の共通研修は延期され、後にオンラインでの実施に変更
  • 東京都以外の10道府県:各会場当たり2日程度

国立オリンピック記念青少年センターでは、英語で実施される日程、手話通訳の対応が可能な日程が設定されました。

当初は模試などの兼ね合いから2019年12月25日に国立オリンピック記念青少年センターにて受講する予定でしたが、その後マイページ上で予約出来る日程が徐々に追加されたことを受け、国立大学前期入試2日後の2020年2月27日午前(9:30~)の回に変更しました。

予約方法

共通研修実施の案内は、運営事務局からメールで配信されました。
記載のURLからログインし、マイページにアクセスして参加を希望する日時を選択することにより予約が完了しました。予約は参加希望日の3日前までに行う必要がありますが、前日までは変更することが出来ました。

なお海外在住の場合は、2020年6月以降に別途研修が実施される予定となっていました。但し事前に運営事務局に連絡することにより、日本国内の集合研修を受講することが出来ました。

オンライン研修

前述の通り、2020年2月22日以降に国立オリンピック記念青少年センターにて開催される共通研修は5月以降への延期が決定しました。その後延期された日程にて参加する予定だった場合や海外在住の場合を対象として、10月21日から年末にかけ、Microsoft Teamsを利用したオンラインでの共通研修が行われました。
なお予約の方法は集合研修の場合と同様で、英語で実施される日程やUDトークを利用出来る日程も設定されました。

E-learning

共通研修の開始に合わせて、新たに「Tokyo 2020 E-learning Site」が開設されました。マイページと同様、日本語、英語に対応しています。
共通研修のE-learningは2019年10月~2020年1月にかけて3回に分けて配信され、大会の概要や活動時のルールなどについて繰り返し視聴することが出来ます。手話、スクリーンリーダーを使用出来るコースも設定されている他、受講特典としてField Cast限定の壁紙をダウンロード出来るようになりました。
また共通研修後も、大会終了まで活動に関する様々な案内が配信されました。なおE-learningは、9月30日に終了しました。

HANDBOOK

集合研修では「Field Cast HANDBOOK」が配布され、E-learningからのダウンロードも出来ました。集合研修またはオンライン研修、E-learningにて学習する内容がさらに詳細に記載されており、コラムや競技などの解説も多彩です。

オンライン研修の流れ

f:id:fujitetsu-0822:20210918101542j:plain

千葉駅東口の装飾 撮影日:2020年10月31日

2020年11月29日午前(10:00~)に参加しました。大学の遠隔授業ではZoomを利用していますが、Microsoft Teamsの利用は初めてだったため、若干戸惑いながらの操作となりました。

受講の準備

オンライン研修へのログインに使用するURLは、受講4日前にメールで配信されました。記載のURLにアクセスし、名前の入力欄に登録番号を入力して参加します。原則としてカメラはオン、マイクはオフに設定し、バーチャル背景を利用することも出来ました。
運営事務局が参加を承認すると入室することが出来、受講の準備が終了します。

受講時に準備するもの
  • メモ用紙または、パソコンや携帯端末のメモ機能
  • 筆記用具

共通研修

以下の順番で行われました。なおTeamsのチャット機能は運営事務局からの連絡を除き、使用することはありませんでした。

動画の視聴

応募からオリエンテーションを経た、Field Castのここまでの軌跡などを紹介する動画を視聴しました。動画の視聴後は、3部構成で共通研修が進められました。

第1部

大会のビジョンやコンセプトなどの解説が行われ、動画を視聴しました。

第2部

大会の歴史や競技などの基礎知識の解説、簡単なジェスチャーゲームが行われました。終了後は休憩となりました。

第3部

ダイバーシティ&インクルージョン」の理解を目的として、イラストや動画の中から障害を見つける演習を通じて、「障害」という言葉の意味を考える研修が行われました。一部の演習では画面に表示されたQRコードやURLを利用し、回答を共有することも出来ました。
その後は活動の流れやSNSに投稿する際の注意事項、今後の流れなど、活動時の心構えの説明が行われました。

終了

最後にメッセージ動画を視聴し、共通研修は終了しました。

配布物

集合研修では、以下が配布されました。

  • Field Cast HANDBOOK
  • Field Cast ノート
  • ノートを入れる紙袋
  • Diversity&Inclusion ステッカー
  • トートバッグ

これらは後のユニフォーム、アクレディテーションカードなどの受け取り時に配布された他、前述の通りField Cast HANDBOOKはE-learningでもダウンロード出来ました。

アーカイブの公開

E-learningにて、オンライン研修の動画が配信されました。オンライン研修は全体で2時間半程度だったため、休憩の前後で分割して前編と後編の2回に分けて配信されています。

参考文献

更新履歴

  • 2021/10/09 投稿
  • 2021/10/15 概要に追記

Field Cast活動記録 (0)目次

f:id:fujitetsu-0822:20200728175411j:plain

オリエンテーションが実施された東京スポーツスクエア 撮影日:2019年4月11日

2020年夏の開催が予定されていた東京オリンピックパラリンピックは、史上初の1年延期、多くの会場での無観客開催という異例の状況の中開催されました。この大会を支えたのが、競技会場などで大会の運営に携わるField Cast(大会ボランティア)、街中での観光案内などを行うCity Cast(都市ボランティア)です。
本サイトでは、今回のField Castとしての活動についてご紹介します。

※リンクがない項目は掲載準備中です。
※丸括弧内の数字は、各ページの記事名に入っている数字に相当します。1ページに複数の内容を記載している場合があるため、数字が重複している場合や順番が前後している場合があります。

オリンピック開会までの流れ

応募~マッチング成立

マッチング成立~オリンピック開会

  • 【2020年3月・12月】(4)オファーの承諾
  • 【2021年4月】(4)シフトの承諾
  • 【2021年4月~】(5)役割別研修、リーダーシップ研修
  • 【2021年5~8月】(6)ユニフォーム、アクレディテーションカードなどの受け取り
  • 【2021年6月~】(5)会場別研修

オリンピック開会後の流れ

大会期間中

  • 【2021年7~8月】(7)オリンピック期間中の活動
  • 【2021年8~9月】(8)パラリンピック期間中の活動

大会終了後

  • 【2021年9月~】(9)大会終了後の動き

更新履歴

※投稿に伴う更新は除きます

  • 2021/09/19 投稿

Field Cast活動記録 (1)マイページでの応募

東京オリンピックパラリンピックの運営に携わる大会ボランティア(後に「Field Cast」と命名)の募集は、開会まで2年(当時)を切った2018年9月より開始されました。ここでは、実際の応募の手順についてご紹介します。

概要

応募期間

視覚に制約がある場合のアクセシビリティ対応として、2018年10月30日より入力サポート対応(後述)が開始されました。このため視覚に制約がある場合に限り、応募期間が2019年1月18日までに延長されました。

  • 通常の場合     :2018年9月26日 13:00~12月21日 17:00
  • 視覚に制約がある場合:2018年10月30日 09:00~2019年1月18日 17:00

応募方法

組織委員会が開設する応募フォーム(マイページ)からの応募となりました。応募出来る対象は以下の通りです。

  • 2002年4月1日以前の生まれであること
  • 活動期間中に日本国籍、または日本に滞在する在留資格を取得していること

※マイページの利用は、2021年9月15日(本ページの投稿日)の17:00に終了します

応募者数

2018年11月に、応募者数が大会ボランティアの募集人数である80,000人を超えました。2019年1月18日に全ての応募が締め切られ、最終的な応募者数は204,680人(募集人数の256%)、マイページへの登録者数は262,437人となりました。

応募前の準備

f:id:fujitetsu-0822:20210912164951j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210912165050j:plain
左:クリスマスの装いとなった千葉県道39号船橋停車場線 撮影日:2018年12月21日
右:終業式後の激励会にて振る舞われた芋煮 撮影日:2018年12月22日

マイページへの入力を行ったのは2018年12月19~21日で、募集終了直前に駆け込む形となりました。当時は1ヶ月後に大学入試センター試験を控えていた時期で、2学期終業式の後には「激励会」として芋煮が振る舞われました。

マイページへの入力に必要なもの

  • 本人確認証
    パスポート・運転免許証・マイナンバーカード・在留カードのいずれか
    ※運転免許証、マイナンバーカード、在留カードは、日本で発行されたもののみ有効
  • アクレディテーションカードに使用する写真(2018年4月以降に撮影したもの)
    ファイル形式:JPEGPNGBMP、ファイルサイズ:50KB~5MB
  • 語学検定の受験結果(TOEICや英検などを受験し、資格を持っている場合のみ)

当時はマイナンバーカードを申請しておらず、以前の海外研修や修学旅行にて使用したパスポートの期限が2020年3月まで残っていたことから、パスポートを本人確認証として登録しました。

応募

マイページにアクセスし、応募フォームを記入していきます。マイページは日本語、英語に対応しています。

新規登録

最初のログイン時のみ、登録が必要となります。Googleなどのアカウントによる登録と、マイページでの登録の2種類の方法があります。

アカウントによる登録

GoogleFacebook、LINEのアカウントがある場合は、そのアカウントの情報を利用して登録することが出来ます。今回はGoogleアカウントを利用しました。
なお複数のGoogleアカウントでログインしている場合は、どのアカウントを使用するか選択する画面が表示されます。

マイページでの登録

名前、ログイン時に使用するメールアドレス、パスワードを入力後、画像認証を行います。パスワードは半角で、小文字・大文字・数字を使用して計9文字以上にする必要があります。

応募フォームへの入力

応募フォームはSTEP 1~STEP 6に分かれており、最上部のタブか最下部で各STEPを切り替えることが出来ます。入力する項目は多いですが、30分~1時間程度で余裕を持って全て入力することが出来ました。
なお一部は、応募後も2021年4月まで(STEP 1の「写真」はオファーの承諾まで、「ユニフォーム」は2019年7月まで)変更することが出来ました。

STEP 1

応募者の個人情報を入力する他、ユニフォームのサイズ、活動時の配慮の必要の有無を選択します。アクレディテーションカードに使用する写真のアップロードもこのSTEP 1で行います。

  • 写真
    応募時点では自宅内で撮影したものを暫定的に使用し、後に入試用に専門店にて撮影した証明写真に変更しました。しかしアクレディテーションカードに必要な条件に合っていなかったため、2020年2月に運営事務局よりメールが送信され、2019年10月に撮影した証明写真に再度変更しました。
    なおオファーの承諾後に写真を変更する必要が出てきた場合は、アクレディテーションカードの受け取り時に会場内で再撮影が行われたようです。
  • ユニフォーム
    サイズ展開はユニセックスとなっており、応募フォームの下部にサイズ表が掲載されました。オリエンテーションでの試着時にサイズを決定出来る他、この部分が未入力のまま受け取りの日を迎えた場合は、受け取り時に試着することが出来ました。
STEP 2

STEP 1に続いて応募者の個人情報、緊急連絡先について入力する他、テキストなどの言語、大会期間中に予定している宿泊先について選択します。

  • 住所
    都道府県、市区町村、番地は、郵便番号から検索することが出来ます。なお、郵便番号の入力自体は任意です。
  • 言語
    日本語、英語のいずれかを選択します。ここで選択した言語は、オリエンテーションや研修、テキストなどで使用されました。
  • 予定宿泊先
    「現住所と同じ」「現住所と異なる滞在先を手配済」「現住所と異なる滞在先を手配予定」から選択します。「現住所と異なる滞在先を手配済」を選択した場合は、滞在先の都道府県、市区町村を入力する必要があります。
STEP 3

応募者のボランティア経験、応募時点での就学、就労状況について選択、記入します。

  • ボランティア経験
    入学試験において試験監督者の補助を行っており、これを記入しました。
STEP 4

応募者の語学のレベル、スポーツ、普通救命講習などの経験、運転免許証の取得の有無などについて選択します。

  • 語学
    日本語、英語のレベルを「初心者」「初級」「中級」「上級」「母国語」から選択する他、他の言語のレベルを選択することも出来ます。また英検などの試験を直近で受験している場合は、その試験の名称や級、スコアなどを選択することが出来ます。
  • スポーツに関する経験
    オリンピック、パラリンピック競技に関わった経験がある場合は、その競技名や関わり方、関わった年数を選択します。複数回答も可能ですが、必須ではありません。
    2005~2016年にかけてスポーツクラブで水泳を習っており、これをオリンピック競技「水泳」の経験として記入しました。
  • その他
    活動に活かしたい資格やスキル、学んだ学問や経験がある場合は、100字以内で記入することが出来ますが、必須ではありません。ここでは高校のクラスや生徒会での活動について、希望する活動分野との繋がりが深いものを記入しました。
STEP 5

希望する活動期間、場所、分野を選択します。

  • 希望するボランティア活動
    テストイベント、大会前の準備期間、オリンピック期間、パラリンピック期間前後の活動の可否をそれぞれ選択します。また活動可能な日数、希望するオリエンテーション、共通研修を受講する場所、ボランティアリーダーの希望有無も選択します。
  • 希望する活動場所
    最大2つまで選択出来ます。第1希望は千葉県、第2希望は東京都としました。
  • 希望する活動分野
    最大3つまで選択出来ます。第1希望は「運営サポート」、第2希望は「テクノロジー」、第3希望は「メディア」としました。
    選択出来る活動分野と人数の目安は、以下の通りです。
    • 指定なし
    • 案内:16,000~25,000人
    • 競技:15,000~17,000人
    • 移動サポート:10,000~14,000人
    • アテンド:8,000~14,000人
    • 運営サポート:8,000~10,000人
    • ヘルスケア:4,000~6,000人
    • テクノロジー:2,000~4,000人
    • メディア:2,000~4,000人
    • 式典:1,000~2,000人
STEP 6

応募する際、STEP 6の下部に記載されている参加規約に同意する必要があります。

保存

入力中に「保存」をクリックするとここまでに入力した内容が保存され、再ログイン後に残りの箇所のみを入力して応募することが出来ます。保存の際、運営事務局より「応募フォーム登録内容更新のお知らせ」という件名のメールが自動的に送信されます。

登録番号

初めて保存を行った際に、アクレディテーションカードなどで使用される7桁の「登録番号」が自動的に付番されます。保存を一度も行わずに応募フォームを送信した場合は、送信した時点で付番されます。

応募フォームの送信

全ての入力が終了した後に「送信」をクリックすると、応募フォームが送信されます。
運営事務局より「メールアドレス認証のお願い」という件名のメールが自動的に送信され、1時間以内に記載のURLにアクセスしてログインすることにより、メールアドレス認証が行われます。認証の完了により、応募が完了します。

前述の通り応募が募集終了の当日だったため、マイページにはアクセスが集中しました。終了予定の17時時点では上手く送信出来ず応募を諦めかけていましたが、23時時点でも送信し、応募することが出来ました。

入力サポート対応

2018年10月30日より、視覚に制約がある場合の入力サポート対応が開始されました。この場合の応募の流れは以下の通りです。

  1. 運営事務局への連絡
    組織委員会の運営事務局に、メールまたは電話にて連絡します。
  2. 専用応募フォームへの入力
    運営事務局よりメールにて送信される専用の応募フォームに、必要事項を記入します。この応募フォームは、音声読み上げソフトに対応したものとなっています。
  3. 専用応募フォームの送信
    必要事項を記入した応募フォームを、運営事務局に再び送信します。その後運営事務局側で入力され、運営事務局より入力が完了した旨のメールが送信されます。

ボランティアの名称決定

2018年12月12日~2019年1月20日の間、マイページにてボランティアのネーミングの投票が行われました。以下の4案が候補となり、大会ボランティア、都市ボランティアのネーミングの組み合わせを選ぶ形での投票となりました。
(以下、「大会ボランティアのネーミング/都市ボランティアのネーミング」)

  • Field Cast/City Cast
  • Games Anchor/City Anchor
  • Games Force/City Force
  • Shining Blue/Shining Blue (都市名)

37,739票の投票があり、4案の中で最多の16,187票が集まったField Cast/City Castに決定しました。

参考文献

更新履歴

  • 2021/09/15 投稿
  • 2021/09/18 概要「応募者数」、ボランティアの名称決定を追加
  • 2021/09/19 応募「応募フォームへの入力」に追記
  • 2021/10/10 応募「応募フォームへの入力」に追記

西武船橋店 再開発 (12)工事記録(2021年3月分)

  1. 目次
  2. 店内構造、閉店時の様子
  3. 閉店後の動き
  4. 再開発の概要(掲載準備中)
  • 前へ:2021年2月分
  • 次へ:2021年4~5月分(掲載準備中)

3月1日分

ロフト館

  • 03/01~05:西武パーキング 地下、基礎解体、解体材搬出、ロフト館地下 解体
  • 03/06:休工
f:id:fujitetsu-0822:20210507100453j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210507100427j:plain
左:撤去された第2ゲート、第2潜り戸 右:第3潜り戸の右側に設置されたゲート

2020年12月に西武パーキングの出口跡地に設置された第2ゲート、第2潜り戸が撤去されました。訪問時点では、設置中の標記がそのまま残っていました。
一方で総武線側の納品ゲート跡地では、1月に移設された第1ゲートがあった第3潜り戸の右側に再びゲートが設置されました。この時点ではまだ付番はされていません。

f:id:fujitetsu-0822:20210507101746j:plain

この他南側のタイムズ船橋本町第42付近には、第4潜り戸が設置されています。

3月8日分

ロフト館

  • 03/08~14:西武パーキング 地下、基礎解体、解体材搬出、ロフト館 地下解体、解体材搬出
ゲート関連
f:id:fujitetsu-0822:20210729231907j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210729231801j:plain
左:東側から西側を望む 右:第3潜り戸の右側に設置されたゲート

3月1日時点で第3潜り戸の右側に設置されたゲートには、この時点でもまだ付番されていません。

土砂埋戻し関連

第1ゲートの左側に、「土砂等の埋立て等に関する標識」が掲示されました。標識に記載された内容は以下の通りです。(一部抜粋)

  • 許可年月日:令和3年3月10日
  • 許可番号:船橋市廃指指令66号
  • 目的:埋め土
  • 許可期間:令和3年3月10日~令和3年8月9日
  • 特定事業区域の面積:2,068.66平方m
  • 土砂等の搬入予定量4,950立法m

船橋市では「船橋市土砂等の埋立て等による土壌の汚染及び災害の発生の防止に関する条例」(船橋市土砂条例、以下「条例」)が施行されており、今回埋め立てが行われる規模(上記の太字部分)は条例第2条2号にて定められている「特定事業」に該当します。またこの標識は、条例第17条1項に基づいたものです。
※以下、太字は作者によるもの

(定義)

第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1) (中略)
(2) 特定事業 土砂等の埋立て等に供する区域(宅地造成その他事業の工程の一部において土砂等の埋立て等が行われる場合であって、当該事業を行う区域内の土壌から採取された土砂等を当該事業のために使用するものであるときにあっては、当該事業を行う区域)以外の場所から採取された土砂等による土砂等の埋立て等を行う事業であって、土砂等の埋立て等に供する区域の面積が500平方メートル以上又は土砂等の埋立て等に供する土砂等の容積が500立方メートル以上であるもの(土砂等の埋立て等に供する区域の面積が500平方メートル未満かつ容積が500立方メートル未満であっても、 (中略) )をいう。

(標識の設置等)

第17条 第9条の許可を受けた者又は第15条の規定による届出をした者は、規則で定めるところにより、当該許可に係る特定事業場の公衆の見やすい場所に、当該許可に係る特定事業が施工されている間、事業者の氏名又は名称、現場責任者の氏名及び職名、土砂等の埋立て等に使用する土砂等の発生場所その他規則で定める事項を記載した標識を設置しなければならない。

3月18日分

ロフト館

  • 03/15~16:西武パーキング 地下解体、各所整備、ロフト館 地下解体、解体材搬出
  • 03/17~19:西武パーキング 地下解体、解体材搬出、各所整備、ロフト館 残土搬入、埋戻し
  • 03/20:休工(春分の日)
土砂埋戻し関連
f:id:fujitetsu-0822:20210730132532j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210730132510j:plain

3月17日より、土砂の埋め戻しが開始されました。総武線側と南側の計2ヶ所が埋戻範囲となっており、土砂の搬入は総武線側が新ゲート(未付番)、南側が第1ゲートから行われました。

f:id:fujitetsu-0822:20210730133742j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210730133808j:plain
参考:搬出場所付近の様子

埋め戻しに使用された土砂は、船橋市北部から搬出されました。

ゲート関連

f:id:fujitetsu-0822:20210730134126j:plain

3月1日時点で残っていた、第2ゲート、第2潜り戸関連の標記が撤去されました。

3月23日分

ロフト館

  • 03/22:西武パーキング 地下、外周部解体、各所整備、ロフト館 地下、外周部解体、解体材搬出
  • 03/23~27:西武パーキング 地下、外周部解体、各所整備、ロフト館 地下、外周部解体、残土搬入、埋戻し

f:id:fujitetsu-0822:20210814140512j:plain

f:id:fujitetsu-0822:20210814140649j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210814140716j:plain

地下の解体、埋め戻しなどが行われました。

参考文献

更新履歴

  • 2021/08/18 投稿

E233系503編成 「京葉線全線開業30周年」ヘッドマーク

1990年10月の京葉線 東京~新木場間開業により、京葉線は全線開業となりました。この全線開業から2020年で30周年を迎えたことを記念し、京葉線1編成にヘッドマークが掲出されました。また、メールによるデザインの募集が行われました。

掲出編成・期間

  • E233系 ケヨ503編成:2020年3月10日~2021年3月9日

※実際に運行されたのは2021年3月8日まで

デザイン

掲出期間中、3回に渡って5種類のヘッドマークが掲出されました。

【第1弾】2020年3月10日~7月31日

社内で募集され、1種類が掲出されました。

f:id:fujitetsu-0822:20200809201243j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20200809200711j:plain
撮影日:2020年3月16日

【第2弾】2020年8月1日~11月30日

社内で募集され、2種類が掲出されました。

上総一ノ宮・君津・上総湊寄り(クハE233-5003)
f:id:fujitetsu-0822:20210316113706j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210316113734j:plain
撮影日:2020年11月27日(左)、2020年8月28日(右)

※東京発着の列車では、この向きが西船橋寄りになります

東京・千葉寄り(クハE232-5003)
f:id:fujitetsu-0822:20201117163336j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20201117163359j:plain
撮影日:2020年8月18日

新習志野方面発着の列車では、この向きが西船橋寄りになります

【第3弾】2020年12月1日~2021年3月9日

メールにより2作品が募集され、2種類が掲出されました。選考結果の発表は、JR東日本千葉支社Twitterアカウント「JR東日本千葉支社 房総発見電【公式】」(@bosohakkenden)にて行われました。

上総一ノ宮・君津・上総湊寄り(クハE233-5003)
f:id:fujitetsu-0822:20210402115406j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210402115431j:plain
撮影日:2021年3月8日(左)、2021年2月10日(右)

※東京発着の列車では、この向きが西船橋寄りになります

東京・千葉寄り(クハE232-5003)
f:id:fujitetsu-0822:20210402115736j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210402115756j:plain
撮影日:2021年2月10日(左)、3月8日(右)

新習志野方面発着の列車では、この向きが西船橋寄りになります

その他

掲出期間の変更

今回のヘッドマークの掲出期間は、当初の発表から以下のように変更されました。(変更前→変更後)

  • 第1弾:2020年3月10日~6月30日→2020年3月10日~7月31日
  • 第2弾:2020年7月1日~9月30日→2020年8月1日~11月30日
  • 第3弾:2020年10月1日~2021年3月9日→2020年12月1日~2021年3月9日

西船橋駅でのデザイン案掲出

撮影日:2021年2月10日

f:id:fujitetsu-0822:20210409150053j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210409150118j:plain
左:府中本町寄り階段 右:東京・海浜幕張寄り階段

2021年1~3月にかけ、西船橋駅の11,12番線に向かう階段にヘッドマークのデザイン案が掲出されました。
府中本町寄りの階段では東京・千葉寄り、東京・海浜幕張寄りの階段では上総一ノ宮・君津・上総湊寄りの第2弾のデザインが大きく描かれており、その周りに他のデザイン案が掲出されました。実際に掲出された第1弾、第2弾のデザインも含まれています。

府中本町寄り階段
f:id:fujitetsu-0822:20210409150850j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210409150917j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210409151116j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210409151048j:plain
東京・海浜幕張寄り階段
f:id:fujitetsu-0822:20210409151350j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210409151419j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210409151557j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210409151628j:plain

運転報告

(Twitterモーメント)京葉線全線開業30周年 記念列車 運転報告

参考文献

更新履歴

  • 2021/08/10 投稿

西武船橋店 再開発 (11)工事記録(2021年2月分)

  1. 目次
  2. 店内構造、閉店時の様子
  3. 閉店後の動き
  4. 再開発の概要(掲載準備中)

2月8日分

本館

f:id:fujitetsu-0822:20210403184728j:plain

f:id:fujitetsu-0822:20210403184847j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210403184953j:plain

ロフト館への連絡通路の解体が終了しました。連絡通路があった箇所では通路の壁や鉄骨を撤去した跡や、屋根の柱を切断した跡が残っています。

※連絡通路での工事については後述します

ロフト館

  • 02/08~10:ロフト館地下 解体、片付け、解体材搬出
解体
f:id:fujitetsu-0822:20210403190702j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210403190623j:plain
左:理容室 江戸っ子付近からの全景 右:本館側からの全景
f:id:fujitetsu-0822:20210403191119j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210403191151j:plain
左:第1ゲート付近 右:第2ゲート、第2潜り戸付近

地上(1階及びペデストリアンデッキの南側)の解体が終了し、南側地下の解体が開始されました。

本館への連絡通路の解体終了

f:id:fujitetsu-0822:20210403213401j:plain

1月下旬に開始された、本館への連絡通路の解体が終了しました。

2月9日分

本館

f:id:fujitetsu-0822:20210402174419j:plain

1月下旬に開始された、2階での屋根の撤去が終了しました。

ロフト館

  • 02/11:休工(建国記念の日)
  • 02/12~13:ロフト館地下 解体、片付け、解体材搬出
  • 02/14:休工
  • 02/15~20:ロフト館地下 解体、片付け、解体材搬出
f:id:fujitetsu-0822:20210402175718j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210402175626j:plain

南側地下の解体が進められています。
左側の写真に写っている2階建ての建物は古民家カフェ「コピエ」として使用されていましたが、2020年2月下旬に閉店しています。現在はロフト館を取り囲む衝立の内側に入っていますが、特に手は加えられていません。

更新履歴

  • 2021/04/25 投稿

西武船橋店 再開発 (10)工事記録(2021年1月分)

f:id:fujitetsu-0822:20210401094403j:plain

E235系 クラJ-01編成(2020年12月営業運転開始)と西武船橋店本館(2018年3月閉店)
撮影日:2021年1月27日
  1. 目次
  2. 店内構造、閉店時の様子
  3. 閉店後の動き
  4. 再開発の概要(掲載準備中)

1月27日分

ロフト館

  • 01/25~26:ロフト館1階 解体、片付け、本館連絡通路 斫り(はつり)
  • 01/27~28:ロフト館1階 解体、足場解体、本館連絡通路 吊り足場解体
解体
f:id:fujitetsu-0822:20210401102232j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210401102252j:plain
左:東側(理容室 江戸っ子付近)からの全景 右:総武線側からの全景
f:id:fujitetsu-0822:20210401102346j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210401102416j:plain
左:地上からの様子 右:船橋駅快速ホームからの様子

船橋ロフトの1階南側部分(「西武パーキング」ABブロック直下)が解体されました。

f:id:fujitetsu-0822:20210401103618j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210401103642j:plain

ペデストリアンデッキはこの時点では解体されずに残り、一部では既にペデストリアンデッキのみになっている箇所もあります。

f:id:fujitetsu-0822:20210401102829j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210401102901j:plain
左:全景 右:解体中のロフト館の奥を通過する3500形

解体工事の進捗に伴い、船橋駅快速ホームからはこれまで東京寄りの交差部分でしか見ることが出来なかった京成本線が、ロフト館の奥でも見ることが出来るようになりました。

f:id:fujitetsu-0822:20210401103303j:plain

参考:東京寄りの交差部分を通過する北総7500形 撮影日:2019年1月12日
※宗吾工場でのクーラー清掃終了に伴うもの
本館への連絡通路での吊り足場設置
f:id:fujitetsu-0822:20210401104721j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210401104751j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210401105254j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210401105410j:plain

本館への連絡通路の解体に伴い床が撤去され、吊り足場が設置されました。壁は防音シートで覆われている他、屋根も一部が撤去されています。

f:id:fujitetsu-0822:20210401110403j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210401110429j:plain

防音シート上には、吊り足場設置前には無かった「4.5m 頭上注意!」と記載された看板が設置されました。

f:id:fujitetsu-0822:20200817100353j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210324222907j:plain
参考:吊り足場が設置される前の様子 撮影日:2018年3月6日(左)、2020年12月25日(右)
第1ゲートの移設
f:id:fujitetsu-0822:20210401111218j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210401111302j:plain
左:撤去された旧第1ゲート(第3潜り戸は残存)
右:旧第2ゲートの跡地に設置された第1ゲート

総武線側の納品ゲートを利用して解体工事が開始された当初から使用されていた総武線側の第1ゲートは、2020年8~11月にかけて第2ゲートとして使用されていた西武パーキングの入口跡地に移設されました。旧第1ゲートの左端に2020年12月に設置された第3潜り戸は、第1ゲートが移設された後もそのまま使用されています。

1月29日分

本館

f:id:fujitetsu-0822:20210402111121j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210402110906j:plain

ロフト館への連絡通路付近にある屋根の撤去が開始されました。舞台後方の屋根は閉店直後の2018年3月に撤去されていますが、この日は当時撤去されなかった1階からの階段付近での撤去が行われました。2018年、2021年ともに、屋根の柱は撤去されずにそのまま残っています。
また連絡通路での吊り足場の撤去に伴い、通路手前に転落防止用のロープが設置されました。

※連絡通路での工事については後述します

ロフト館

  • 01/29:ロフト館 重機搬出、1階 解体、本館連絡通路 解体
  • 01/30:休工
解体
f:id:fujitetsu-0822:20210402105616j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210402105550j:plain
第2ゲート付近
f:id:fujitetsu-0822:20210402105239j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210402105303j:plain
第1ゲート付近

1階南側部分が引き続き解体されました。残っているペデストリアンデッキでも解体に向けた準備が始まっており、11月に一部が撤去されていた第1ゲート付近(本館への連絡通路直下)の外壁や、付近の天井板が一部撤去されました。
(前述の27日に撮影した写真によると、既にその時点で撤去されていたようです)

本館への連絡通路での解体準備
f:id:fujitetsu-0822:20210402110934j:plain
f:id:fujitetsu-0822:20210402111203j:plain

連絡通路の壁が外側、内側ともにほとんど撤去され、鉄骨が剝き出しとなりました。外側は屋根の柱を構成している部分のみ、内側は中央部の一部のみが残っています。
吊り足場や防音シートも撤去され、直下の道路上から連絡通路の屋根を見通せるようになりました。防音シート上の「4.5m 頭上注意!」と記載された看板は、防音シートの撤去に伴って鉄骨上に移設されています。また、通路手前に転落防止用のロープが設置されました。

道路の通行止め

f:id:fujitetsu-0822:20210402103305j:plain

第1ゲート付近に掲示された「工事予告」看板

本館への連絡通路での作業に伴い、1月27~29日の0:00~5:00の間、ロフト館と本館の間の道路は通行止めとなりました。

更新履歴

  • 2021/04/07 投稿